女性化乳房という疾患に思春期の頃、罹患しました

1人で悩まないで

豊胸手術 失敗乳房について知りたい女性のために

ある日胸が大きくなり、怖くなったどうやらホルモンバランスが原因らしい1人で悩まないで

そして恥ずかしがらずに病気だったら早くに見つかればなおるんだから話なさいと怒られました。
怒られたものの、一人で悩まなくていいということに安心して泣いてしまいそうになりました。
病院では触診とエコー検査を受けて、やはり兄が言ったとおり女性化乳房だということがわかりました。
特別に痛みがないのであれば、特に薬などを飲む必要もないということで安心しました。
1年くらいで症状はおさまるということなのでようやく一息つくことができました。
ただ、女性化乳房が原因だということがわかっても、友人に着替えるときに見られるには恥ずかしい気持ちがあったので、こっそり着替えをするようになりました。
太ったんじゃないかと心配してくれた友達には、病気のことを正直に打ち明けることにしました。
中学生の時は、少しでも人と違うことをしていると、からかうネタにされがちですが、友達はからかうのではなく心配してくれたことに感謝の気持ちを抱きました。
サッカー部のメンバーとは大人になってからも交流をつづけていますが、心配してくれた友達とはそのまま進学した高校も一緒だったこともあり、親友のような付き合いを続けています。
女性化乳房はあれから半年もたたないうちに症状がおさまったので、悩むこともありませんでした。